死刑再審事案で、最高裁後も無立会が認められなかった件の国賠が集結した。
一妨害あたり2万円!
最高裁の事例が5万円で、当方が2万円というのは納得できず、(他にも勿論大事な論点が幾つかあった)最高裁まで進めたが、結局2万円のまま。

東京地裁に複数名で提訴したので弁護士代理を御願いし、(無償でとお申し出は頂いたがそれはよくないので)賠償額の24%を弁護士費用としてお支払いした。

さて、お会計。
賠償額 約16万円
弁護士費用 約4.1万円
必要経費 約5.3万円
結論 6.6万円の黒字

東京拘置所まで出かけては接見を妨害され、提訴して国賠訴訟をやり抜き、実入り6.6万円。
なにがどう慰謝されたというのか・・という水準である。

(弁護士 金岡)