弁護士コラム

弁護士コラム

春日井警察のウソのその後

本欄本年11月27日付けで、在宅被疑者が取調室に弁護人との連絡用の携帯電話を持ち込む件について、春日井警察所属の警察官がウソをついたことを紹介した。翌11月28日付けで、署長に対し、謝罪や改善教育の徹底を求める書面を送付[…]

「愛知刑事弁護塾」を設立

かねがね、刑事弁護の理論と実践に資する勉強会が必要だと感じていた。 本来であれば刑事弁護委員会がその母体となるべきだろうと、在籍当時は、「量刑データベース」や「準抗告事例研究」等を媒体に試み、落後しない数名を核として確か[…]

弁護士倫理研修(刑事弁護倫理研修も必要では?)

弁護士会は、弁護士倫理涵養のため義務研修をも導入し、一定年数毎に倫理研修を受けなければならないとしている。日弁連単位あるいは他会の実情は知らないが、愛知県弁護士会では一定年数が経過すると5年ごとであり、座学だけではなく討[…]

悲しくなるほどの警察官のウソ

本欄本年6月16日付け「警察の「ウソ」」や、10月12日付け「犯罪捜査規範を読まない警察官」で取り上げていることだが、仕事柄の折衝の限りで言うと、警察官はとにかくウソをつく。間違ったことを押し通そうとし、抵抗や反論に遭う[…]

税務署による脱法的給与口座の差押え

先日の出来事。税金の滞納があり滞納処分で給与口座をまるごと差し押さえられたという相談を受けた。 一般論として、生計の基礎となる給与については(民事執行法であれ税法であれ)差押え禁止部分がある。従って、給与債権を標的にする[…]

名古屋地裁、またもやらかす

本欄本年10月10日で、「これでいいのか接見等禁止決定」と題した接見等禁止決定の事例を紹介した。 実父との関係で既に解除されているのを見落としたのか、それとも相応の理由をもって復活させたのか、本当のところは分からないが、[…]

研修生(実習生)アンケート問題について

法務省の研修生制度に関するアンケートの不正確さが話題である。「低賃金だから逃げた」を「より高い賃金を求め」に言い換え、更にその割合をより高く弾き出していたということだが、後者が故意か過失かはともかくとして、前者の言い換え[…]

10連休法案は慎重に審理すべき

10連休法案が閣議決定された。官房長官によれば「国民こぞって祝意を表すために祝日扱いにする。連続した休暇を取ることでゆとりのある国民生活の実現を期待したい」とのことである。 「こぞって祝意」強制の問題については、かつて本[…]

被害者参加人の心情意見陳述と、異議

近年の刑訴法改正における被害者の関与の一つとして、いわゆる心情意見陳述がある。 その心情を情状と考慮することについてはあってしかるべきであるが、方法論としては基本的に尋問でやれば良く、どうして反対尋問権を認めない意見陳述[…]

黙秘と勾留延長

起訴前勾留が遂に5か月を超えた依頼者に対し、更に10日間の勾留延長(8件目)が認められるという異常事態に、剰え延長理由に「被疑者取調未了」が掲げられているという事態を目の当たりにし、なかなか平静では居られないところである[…]

今冬の研修

この冬(2018年12月~)は、割と研修の依頼が多い。約2か月の間に、 青森(捜査弁護) 東京(要通訳) 多摩(反対尋問) 千葉(責任能力) 講演(捜査弁護) と、こんな感じに予定されている。 千葉での研修は初めて(千葉[…]

名古屋拘置所は謝らない

本欄で取り上げた「毛髪宅下げ国賠」が確定したことを受けて、名古屋拘置所に対し、謝罪と、改善策の説明を要求した。 行政機関が刑訴法及び被収容者処遇法に反する宅下げ妨害を行った以上は、法の支配を回復するため、謝罪と改善策の確[…]

皇室会議の議事非公開問題に思う

少し古い話になるが、昨年12月に皇室会議の「議事概要」が公表され、その際、首相を除く出席者の発言内容が明らかにされなかったことが話題を呼んだ。 その理由は、「国民がこぞってお祝いすべきであり、(発言内容の明示は)好ましい[…]

最一小平成30年10月25日判決に思う

事件名「接見妨害等国家賠償請求事件」。 刑事被告人について、保護房収容中を理由に、弁護人から接見申出があったことも伝えず接見をさせなかったことの違法性が争われた事案である。 最高裁判決の結論を一言で言えば、「連れ出せない[…]

在宅被疑者が取り調べに弁護人を同席させる権利~第3弾

またまた、在宅被疑者が取り調べに弁護人を同席させる権利を巡り、逮捕事案となるも勾留請求が却下されるという出来事が発生した。(幸いにして私の担当案件ではなく、)今度は大阪方面から聞き知った事例である。 なお、関連する本欄の[…]

裁判員裁判「振り返り会」

おそらく各地で行われているのだろう、裁判員裁判後に法曹三者が非公式に集まり、その事件の(主として)手続面や進行面、裁判員の反応の善し悪しなどについて振り返る催しである。独りよがりにならないためにも実に興味深いものなのだが[…]

ミシェル・ウエルベック曰く

「表現の自由は絶対的なもので、つねに多少の挑発をふくむ」のだそうだ。なんとなく突き刺さるものがあり気に留まった。 「挑発」の原語がどのようなものか、気になるし、それが向けられる先は弱者ではあるまい。しかしそれでも、そうあ[…]

岡口判事事件大法廷決定を読む

この事件を2度取り上げたからには、大法廷決定について一言二言、述べないわけには行かないだろう。既に裁判所HPにも掲載されているが、平成30年10月17日付け大法廷決定である。 全面的に駄目な決定で、救いがたい内容である。[…]

犯罪捜査規範を読まない警察官

安城警察署と取調べ同席を巡って揉めている。 罪名で言えば裁判員対象事案、事件直後に措置入院となり数ヶ月という依頼者の属性もあり、最大限慎重な対処が要求される事案である。 例のごとく「やっていない」というので、「やっていな[…]

これでいいのか接見等禁止決定

まずは実父部分を除外した準抗告の認容決定を引用。 「一件記録に照らし、また、準抗告申立書添付の資料からうかがわれる被疑者とその父との交流状況や、父との交流がなお若年といえる被疑者に与える肯定的な影響にかんがみ、被疑者の父[…]

1 / 1412345...10...最後 »
ページトップ
弁護士法人 金岡法律事務所
住所 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目17-12丸の内エステートビル702

TEL 052-231-9099(平日9:10~17:00)

FAX 052-231-9100

Copyright© 2018 金岡法律事務所 All Rights Reserved.