弁護士コラム

弁護士コラム カテゴリー:刑事弁護

一部執行猶予制度についての雑感

ある(別の)裁判官面談

裁判例紹介(裁判官が公判手続調書に虚偽記載を行った可能性が否定できないとされた大阪高判)

一部解除の職権発動を求めるか、準抗告か

またも拘置所と一触即発

刑事訴訟法の基本問題(と裁判官)

初動

ある裁判官面談

当事者は当事者席に

「供述録取書」制度は廃止すれば良い

おそるべし「裁判員裁判の抗弁」

「勾留の必要性」要件を考える

沖縄における市民運動監視、そして共謀罪について

準抗告を2件とも制した件

平然と嘘をつく警察官

本の紹介:黒い司法(ブライアン・スティーヴンソン)

弁護人の基本的使命を理解しない裁判体による裁判は違憲ではないか

嘘は不利益事実を証明しない

一般人に在席命令?

GPS捜査を強制処分と判断した最高裁決定

ページトップ
弁護士法人 金岡法律事務所
住所 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目17-12丸の内エステートビル702

TEL 052-231-9099(平日9:10~17:00)

FAX 052-231-9100

Copyright© 2017 金岡法律事務所 All Rights Reserved.