弁護士コラム

弁護士コラム カテゴリー:刑事弁護

保釈されない理由を知りたい

一部執行猶予実刑の直後の控訴保釈が不許可となった。 その理由。 まずは原決定「禁錮以上の刑に処する判決の宣告があったものであり、かつ、職権で保釈を許すことも適当とは認められない。」。 続いて抗告棄却決定「刑訴法89条の適[…]

被告人「に」直接、話すべきだろう

先日のとある法廷の風景。 起訴から2か月が経過するのに検察官は「詳細な立証計画が出せない。鑑定依頼中。」という。被告人は身体拘束されている。 鑑定の見通しが翌週半ばにはというので、次回期日はその更に翌週に入れて欲しいと要[…]

電光石火の準抗告認容

某支部で勾留準抗告が認容された。事案に見るべき特徴があるわけではないが、申し立ててから僅か2時間での認容は裁判所の気概を垣間見た思いがする。金曜も夕方にさしかかる中の申立であったが、まさか土曜に持ち越そうなどとは夢にも思[…]

勾留状「写し」の交付

本欄でも度々、取り上げているが、土日祝日にかかる時期の裁判所との遣り取りは、時に極めて切実になる。近時の一例は、(ある意味で若干の失敗談でもあるが、)裁判所と検察庁が機敏に対応し、憲法上の権利が全うされた例として報告され[…]

各地の鑑定費用等助成制度

以前本欄で、愛知県弁護士会が独自に定めた、国選弁護人に対する鑑定費用助成制度のことを紹介したことがある。各地の研修でも羨ましがられる、誇るべき制度である。 近時、ちょっとした機会があり、他会の実情を少し覗いてみた。 千葉[…]

季刊刑事弁護97号「もっと違法を主張しよう!」

件名の特集に小論が掲載されたので紹介しておきたい。 「もっと違法を主張しよう!」は、特集の趣旨によれば違法収集証拠排除論が「議論の進展が見られる分野」であることから、争い方から理論化、近時の先駆的な裁判例の紹介までを意欲[…]

上告棄却に10日、異議棄却に20日

昨年12月、一審無罪・控訴審有罪の上告事件について、上告趣意書の提出後、僅か10日で上告を棄却される憂き目に遭った。敗軍の将が事件を語る趣味はないが、余りのことに言葉もなく、本欄で取り上げる。 逆転有罪の控訴審判決は以下[…]

取調室におけるメモ

本欄昨年12月12日で紹介した、在宅被疑者の取調室へのノートの持ち込みを巡る紛争は収束しない。「やってない」と豪語する(嘘つき)副検事の行状について検事正に質問状を出すも無視されている状況である。本当に検察庁で持ち込みを[…]

春日井警察のウソのその後

本欄本年11月27日付けで、在宅被疑者が取調室に弁護人との連絡用の携帯電話を持ち込む件について、春日井警察所属の警察官がウソをついたことを紹介した。翌11月28日付けで、署長に対し、謝罪や改善教育の徹底を求める書面を送付[…]

「愛知刑事弁護塾」を設立

かねがね、刑事弁護の理論と実践に資する勉強会が必要だと感じていた。 本来であれば刑事弁護委員会がその母体となるべきだろうと、在籍当時は、「量刑データベース」や「準抗告事例研究」等を媒体に試み、落後しない数名を核として確か[…]

悲しくなるほどの警察官のウソ

本欄本年6月16日付け「警察の「ウソ」」や、10月12日付け「犯罪捜査規範を読まない警察官」で取り上げていることだが、仕事柄の折衝の限りで言うと、警察官はとにかくウソをつく。間違ったことを押し通そうとし、抵抗や反論に遭う[…]

名古屋地裁、またもやらかす

本欄本年10月10日で、「これでいいのか接見等禁止決定」と題した接見等禁止決定の事例を紹介した。 実父との関係で既に解除されているのを見落としたのか、それとも相応の理由をもって復活させたのか、本当のところは分からないが、[…]

被害者参加人の心情意見陳述と、異議

近年の刑訴法改正における被害者の関与の一つとして、いわゆる心情意見陳述がある。 その心情を情状と考慮することについてはあってしかるべきであるが、方法論としては基本的に尋問でやれば良く、どうして反対尋問権を認めない意見陳述[…]

黙秘と勾留延長

起訴前勾留が遂に5か月を超えた依頼者に対し、更に10日間の勾留延長(8件目)が認められるという異常事態に、剰え延長理由に「被疑者取調未了」が掲げられているという事態を目の当たりにし、なかなか平静では居られないところである[…]

最一小平成30年10月25日判決に思う

事件名「接見妨害等国家賠償請求事件」。 刑事被告人について、保護房収容中を理由に、弁護人から接見申出があったことも伝えず接見をさせなかったことの違法性が争われた事案である。 最高裁判決の結論を一言で言えば、「連れ出せない[…]

在宅被疑者が取り調べに弁護人を同席させる権利~第3弾

またまた、在宅被疑者が取り調べに弁護人を同席させる権利を巡り、逮捕事案となるも勾留請求が却下されるという出来事が発生した。(幸いにして私の担当案件ではなく、)今度は大阪方面から聞き知った事例である。 なお、関連する本欄の[…]

裁判員裁判「振り返り会」

おそらく各地で行われているのだろう、裁判員裁判後に法曹三者が非公式に集まり、その事件の(主として)手続面や進行面、裁判員の反応の善し悪しなどについて振り返る催しである。独りよがりにならないためにも実に興味深いものなのだが[…]

犯罪捜査規範を読まない警察官

安城警察署と取調べ同席を巡って揉めている。 罪名で言えば裁判員対象事案、事件直後に措置入院となり数ヶ月という依頼者の属性もあり、最大限慎重な対処が要求される事案である。 例のごとく「やっていない」というので、「やっていな[…]

これでいいのか接見等禁止決定

まずは実父部分を除外した準抗告の認容決定を引用。 「一件記録に照らし、また、準抗告申立書添付の資料からうかがわれる被疑者とその父との交流状況や、父との交流がなお若年といえる被疑者に与える肯定的な影響にかんがみ、被疑者の父[…]

「毛髪宅下げ国賠」確定

本年9月21日に本欄で報告した「毛髪宅下げ国賠」は国側の控訴なく確定した。 これにより、刑事施設が生体試料の宅下げを被収容者処遇法50条の適用を受けないとして宅下げを拒むことはできなくなった、と言える。3号はほぼ問題とな[…]

1 / 912345...最後 »
ページトップ
弁護士法人 金岡法律事務所
住所 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目17-12丸の内エステートビル702

TEL 052-231-9099(平日9:10~17:00)

FAX 052-231-9100

Copyright© 2019 金岡法律事務所 All Rights Reserved.